Kidney Disease and Transplant Center

当センターの特徴

ホーム当センターの特徴腎免疫血管内科

Nephrology , Immunology and Vascular Medicine

腎免疫血管内科

腎免疫血管内科

当科では腎疾患の急性期(腎炎・AKI・急性血液浄化療法など)から慢性期(血液透析・腹膜透析・腎移植)まで扱っており、膠原病や血管炎などの基礎疾患並びに動脈硬化病変(腎動脈狭窄、PAD、コレステロール塞栓症など)も積極的にフォロー・治療し、幅広く深みのある総合的な腎診療を行っていることが特徴です。

当院は救急病院のため、外来からだけでなく、救急からも多くの患者が入院しますので、多くのAKI患者に携わります。AKIの原因が不明な症例に関しては積極的に腎生検(開放、経皮的腎生検)を施行しています。
2019年度の腎臓内科の入院はのべ767名(緊急入院372名 予定入院395名)で、腎生検(移植腎生検は除く)は94名(うち開放腎生検2名)でした。

数多くの症例を通じるだけではなく、週1回の症例カンファレンス、そして月1回の外部講師を招いての腎病理カンファレンスなどで、確実に知識を吸収でき、患者に還元することができます。

当科に来て、総合的腎診療を行い、一緒に患者を救いませんか?

カンファレンスの様子

カンファレンス

診療実績

表1. 2010年-2019年診療実績データ

  新入院患者数 延べ入院患者数 血液透析導入患者数 腹膜透析導入患者数 腎移植手術数 延べ外来受診患者数
2019年 768 10483 69 16 30 16986
2018年 787 10713 70 7 21 16628
2017年 680 10441 76 15 17 15740
2016年 648 10,712 65 12 11 15,117
2015年 586 10,786 73 8 12 13,763
2014年 611 10,707 56 17 12 13,770
2013年 532 11,033 50 9 7 13,416
2012年 569 11,025 51 11 1 13,153
2011年 574 9,984 32 16 10,606
2010年 474 9,355 33 8 9,975

表2.腎生検施行内訳

  2019年 2018年
腎生検症例数 187 187
原発性糸球体疾患    
微小変化型 15 8
膜性腎症 6 6
巣状糸球体硬化症 3 4
膜性増殖性糸球体腎炎 2 2
IgA腎症 22 26
急速進行性糸球体腎炎(ANCA関連血管炎含む) 4 3
抗GBM抗体腎炎 1 0
管内増殖性糸球体腎炎 1 3
そのほかの腎炎 9 16
2次性糸球体疾患・尿細管間質疾患・その他    
糖尿病性腎症 5 8
悪性腎硬化症 2 2
良性腎硬化症 4 5
ループス腎炎 3 4
多発性骨髄腫 0 1
アミロイド 1 2
コレステロール塞栓症 1 1
間質性腎炎・尿細管壊死 8 10
IgG4関連腎炎 1 1
感染後腎炎 2 1
紫斑病性腎炎 3 1
ワーファリン腎症 1 1
移植腎生検 93 82

メディア掲載

2019年9月大塚製薬株式会社の患者様向けWEBサイト「ADPKD.JP」に腎臓病総合医療センター長の小林修三院長代行、日髙寿美部長が紹介されました。

Features of each medical department

News

腎臓病総合医療センターのニュースを随時公開中です。

PAGE TOP